ガチャガチャは大人も夢中にさせる

最近は大人が夢中になる事も多いガチャガチャですが、もともとは子供が10円とか20円でガチャガチャを廻しおまけ的なおもちゃを手に入れるというものでした。
次第に30円、50円と値段が上がっていき、最近はほとんどのガチャガチャで100円が必要となっていますが、100円でもらえるクオリティとは思えないようなハイクオリティなおもちゃが景品という事もあり、大人がコレクション対象とすることもよく理解できます。

ガチャガチャというのは何かというと、硬貨を入れてガチャガチャと回し、おもちゃなどがぽんと出てくるものです。
これら実はカプセルトイというもので、ガチャガチャというのは本来の正式名称ではありません。

日本に登場したのは1965年で一気に広まったのが1970年代、その当時まさしくガチャガチャをする年齢だった私は見るたびにやらせてほしいと親に願っていたようです。
色々なおもちゃが入っていて、スーパーとか駄菓子屋さんの前にあるとついついお小遣いが無くなると思いながらもガチャガチャしてました。

出始めの頃からしばらくは子供のおもちゃ、おまけ的なイメージが強い物でしたが、収集したいと思わせるバッヂとか、おもちゃもシリーズ化されていて、購買意欲を強力にあおられましたが、最近はコンビニ、ファミレスにも登場し大人が夢中になるシリーズがあり過ぎて、正直、ガチャガチャマニアは全国各地に多数存在していると考えられます。

そんなガチャガチャを設置したいと思う方も多いでしょう。
商業店舗や飲食店等、大小にかかわらず、集客効果の高いガチャガチャの設置を考えている方にぜひ、当サイトを情報源としていただきたいです。
当サイトはガチャガチャを設置するために何が必要か紹介します。
皆様のお力になれたら幸いです。

Copyright © 2014 ガチャガチャを設置するために All Rights Reserved.